口腔カンジダ症はなぜ起こるのか

カンジダはカビの一種で、健康な人でも口の中や膣内、腸の中などにいます。
それでは口腔カンジダ症はなぜ起こるのでしょうか。
カンジダ 性行為の関係もないわけではありません。
例えば、カンジダを発症している性器にオーラルセックスを行えば、口腔カンジダ症にかかる可能性は高まります。
パートナーにカンジダの症状が出ている場合は、性器同士の接触や口と性器の接触は避けるべきです。
しかし、こうしてカンジダを発症した人と直接接触した人に必ずカンジダの症状が現れるかと言えばそうではありません。
もともと体内に存在しているものが大繁殖してしまうのは、主に抵抗力が弱くなったときだからです。
また、通気性の悪い下着や衣類を身に着けていたり、性器を不衛生な状態で放置していたり、逆に不適切な方法で頻繁に洗ったりしてもカンジダが大増殖してしまうことがあります。
実際のところ、性行為が直接の原因となってカンジダ症が発症するケースは全体の5パーセント程度だとする調査結果もあるくらいなのです。
もしカンジダ症を発症してしまった場合、痛みや痒みに悩まされます。
また、パートナーがいる場合、パートナーにも悪い影響がありますから、病院で治療しましょう。
男性の場合、性器が外に露出している関係でカンジダ症にはなりにくく、なってもわかりにくいのが特徴です。
女性の場合、カンジダ症の治療には、膣坐薬の投与が行われます。
また、エンペシドクリームなどの塗り薬も用いられます。
エンペシドクリーム 塗り方は、患部に1日2、3回塗布します。
患部を清潔にしてから塗りましょう。
風呂あがりの塗布がおすすめです。
口腔カンジダ症なども発症しているようなときには、飲み薬が出ることもあります。