紅斑性口腔カンジダ症について

3
口腔カンジダ症とは、口の中にあるカンジダ菌という細菌が以上に反証くすることによって引き起こされる病気です。
このカンジダ菌は普段も口の中に存在しますが、健康な状態では口腔カンジダ症にかかることは無く、疲れが溜まって抵抗力が落ちてしまったときや体力が落ちてしまったときに感染するとされています。
寝たきりの高齢者で、食事を経口摂取していない倍や、口の中のケアが十分にされていない場合は発症のリスクが高まるといわれています。
口腔カンジダ症の症状としては、舌や頬、歯肉や咽頭など、口の中のあらゆる粘膜の部分に白いコケのようなものや、紅色の斑点が発生します。
自覚症状としてはヒリヒリとしたり、食べ物の味が変わったりというようなことが挙げられますが、全く無いというような場合もあります。
放置しておくと、このカンジダ菌が体内に入り込んで重大な病気を引き起こす原因ともなりますので、早めに治療しておくことが重要に鳴ります。
紅斑性口腔カンジダ症はこの口腔感じだ症の一つで、入れ歯をしているヒトデ、入れ歯をきちんと洗浄していないことが原因となって発症し、辛いものなどの刺激の強いものを食べたときにヒリヒリとした痛みがあります。