腰痛を伴う膣カンジダ症のときの感染予防法について

女性の発症率が高い性感染症に、膣カンジダ症があります。
膣カンジダは膣内に常在菌として存在しているカンジダが、真菌の異常によって増殖して発症する膣炎のことを指します。
カンジダを発症してしまう原因としては、疲労などで免疫力が低下している場合が考えられます。
カンジダ菌が異常に繁殖してしまうことで、肩こりや腰痛などの症状があらわれることもあります。
腸内において真菌が異常に増えることで、炭水化物やタンパク質の腐敗がはじまり、腸内にガスが溜まることでお腹が張ります。
それによって肩こりや腰痛が激しくなると考えられており、膣カンジダなど感染予防法としては食生活の乱れの改善や、抗生物質やピルを服用することによるホルモンバランスが起きないようにすることと言えます。
腰痛を引き起こしているカンジダの場合には、根本的な治療法としては抗真菌薬を服用する方法があります。
医療機関で行われる治療としては、膣内の洗浄と抗真菌薬を膣内に入れる治療となります。
再発しやすい状態になっているときには、感染予防法として自宅で毎日のように抗真菌薬を入れる方法を利用することもあります。
外陰部に痒みが生じている場合には、塗り薬の抗真菌薬が処方されます。
一般的に市販されているかゆみ止めの薬では、症状がかえって悪化してしまう可能性があるために、医療機関で処方される医薬品を使うことが感染予防法となります。
膣カンジダを発症しないようにするためには、カビが増える環境を作らないことが大切です。
通気性の良い下着を使用することや、デニムやガードルをはかないこと、おりものシートを使わないなどの感染予防法が考えられます。
免疫力が低下することで感染する可能性が高くなりますので、身体を冷やさないように工夫することや、糖尿病を発症している人の場合には、炭水化物や甘い物の摂取を控えることも対策になります。