Monthly Archives: 8月 2014

紅斑性口腔カンジダ症について

3
口腔カンジダ症とは、口の中にあるカンジダ菌という細菌が以上に反証くすることによって引き起こされる病気です。
このカンジダ菌は普段も口の中に存在しますが、健康な状態では口腔カンジダ症にかかることは無く、疲れが溜まって抵抗力が落ちてしまったときや体力が落ちてしまったときに感染するとされています。
寝たきりの高齢者で、食事を経口摂取していない倍や、口の中のケアが十分にされていない場合は発症のリスクが高まるといわれています。
口腔カンジダ症の症状としては、舌や頬、歯肉や咽頭など、口の中のあらゆる粘膜の部分に白いコケのようなものや、紅色の斑点が発生します。
自覚症状としてはヒリヒリとしたり、食べ物の味が変わったりというようなことが挙げられますが、全く無いというような場合もあります。
放置しておくと、このカンジダ菌が体内に入り込んで重大な病気を引き起こす原因ともなりますので、早めに治療しておくことが重要に鳴ります。
紅斑性口腔カンジダ症はこの口腔感じだ症の一つで、入れ歯をしているヒトデ、入れ歯をきちんと洗浄していないことが原因となって発症し、辛いものなどの刺激の強いものを食べたときにヒリヒリとした痛みがあります。

偽膜性カンジダ症について

4
カンジダといえば女性が罹りやすい性病で有名です。

なぜならば、原因は常在菌のせいだからです。
普段は大人しく潜んでいる菌ですが、持ち主が弱ったところを見計らって繁殖し始めるので誰にでも症状が出る可能性があります。

症状としては陰部が痒くなり悪臭を伴ったカッテージチーズのようなおりものが出るのが特徴ですが、そんなカンジダが口の中にも表れることがあるというのです。
細かく分けると色んな種類がありますが、一番多いのは急性型の「偽膜性カンジダ症」です。

基本的には乳児や高齢者の発症が多いようですが、成人でも免疫不全・抗生物質やステロイドの長期使用・HIV感染などから発症することもあるようです。

初期症状は舌の上などに白っぽい苔のようなものが付着します。
前述した症状と似ていますが、ただこれはまだ痛くも痒くもなく削ぎ落としやすいのです。
そのままでいるとその白苔は繋がり増殖し、こうなるとこれを削ぎ落とすだけでも痛みや出血を伴い大変な作業になります。

新生児や乳児期にこの症状が見られる場合は、自然治癒することも多いため様子を見る場合も多いそうです。
成人でこの病気に罹ったとなると抗真菌薬の投薬と口腔ケアが行われます。