Monthly Archives: 12月 2015

カンジダと精神病性うつ病と意味について

精神病性うつ病は、妄想性うつ病とも言われます。うつ病で妄想が生じる精神病性うつ病は、うつの症状として珍しいと感じるかもしれません。打つといえば意欲の低下とか気分の落ち込みの激しい、精神エネルギーが低下している状態です。うつ病で生じる妄想というのは、珍しいものではありません。頻繁に発症するとは言いませんが、そう珍しくもないです。精神病性うつ病では、妄想という精神症状になることもありえます。

うつ病は意味もなく気分が落ち込んだり、とにかくやる気が出なかったり、死んでしまいたい気分になることもあります。意味が分からないまま気分が急にハイになることがあったり、その反対に急に気持ちが落ち込むこともあります。これは双極性障害の状態です。うつ病になると、自分自身で健康な時のように、感情のコントロールもしにくくなります。うつの症状を抱えた場合、病院で処方される薬を飲んで、意味がなく落ち込むなどの症状も抑えて、仕事をしたりしています。

うつ病の治療方法としては、病院に通いながら医薬品の服用をしていくのが一般的なやり方です。うつ病の妄想の治療法では、否定もしませんが肯定もしないという対処です。うつ病に伴う妄想というのは、うつ病が解消すれば自然に良くなります。うつ病の治療をしていくことで、妄想もなくなっていくものです。通院と医薬品、それから食事からの栄養成分も大切にすることです。

カンジダ症は放置してひどくなってしまうと、かゆみだけではなく強い炎症を伴うこともあります。カンジダ症は軽く見ないで、早めに治療をしたほうが良い症状です。治りにくくなってからだと、治療をしてもその分長くかかってしまいます。カンジダ症というのは性感染症とは違います。