Monthly Archives: 1月 2016

性器カンジダ症のときは風俗店での性交渉はしない

女性に、性器カンジダ症で悩んでいる人が少なくありません。
女性の膣の中には、カンジダというカビがいることが多く、それが何らかの理由で、膣や外陰部に感染し、発症するものなのです。
これは、頻繁に見られる病気であり、誰もが感染する可能性があります。
決して、風俗店で働いている女性だけが罹患リスクが高いわけではありません。
性行為の経験がなくても、出てくることがあります。
カンジダが膣の中で異常に増殖して、さまざまな症状を引き起こしたときに、病的と判断されるのです。
典型的な症状には、外陰部の痒みがあって、ヨーグルト状のおりものが増える、というものがあります。
女性だけではなく、男性にも発症することが、まれにあります。
そもそも、男性は、性器にカンジダ菌を持っていても、ほとんど症状が出ません。
たまに、包茎や糖尿病、ステロイド剤の投与などがきっかけとなって、発症することはあります。
とりわけ、包茎の男性は、女性と同じように痒みの症状が出てくる、との報告があります。
また、風俗店で女性と性的交渉を持ったことが原因で、カンジダ症が出てきた男性もいます。
カンジダの症状が出ているときは、性行為は控えるべきです。
症状を悪化させる恐れはもちろん、パートナーへの感染の危険性もありますので、行うべきではありません。
もちろん、男性が風俗店に出入りするのも見合わせます。
長い人生ですので、冷静な判断が必要です。
明らかにカンジダ症の自覚症状がある場合は、できるだけ早く、医療機関で診察を受けることが大事です。
忙しいとか恥ずかしいとかで医療機関に行きのをためらう場合は、性病検査STDチェッカーを活用することも一つの方法です。
郵送検査キットで、プライバシーが重視されていますので、名前が出ることはありません。
まずは、検査キットでチェックしてから、その結果をもとに、次のアクションを考えるというのも、間違った判断ではありません。