Monthly Archives: 4月 2016

妻がカンジダ二日かかったら夫は検査するべきか?

カンジダはカンジダ菌という真菌が異常繁殖することにより発症する病気で、性感染症ではありません。カンジダ菌は膣の中の常在菌ですが、妊娠や糖尿病、抗生物質の使用などの理由により免疫力が低下したり、常在菌のバランスが崩れると異常繁殖してしまいます。主な症状は陰部の強いかゆみや、カッテージチーズ状のおりものです。おりものの量は多く、灼熱感や性交痛を感じることもあります。
カンジダ菌は酵母カビの一種です。膣や外陰部に常在している菌で、病気で体力が落ちたり、仕事が忙しくて疲労がたまった時などに発症する可能性は誰にでもありますが、温泉施設や食器の共有などで人から感染する病気ではありません。体調が整うことによって自然治癒することもありますが、強いかゆみやおりものの増加が改善されない場合は病院での治療が必要です。女性の場合、黄体ホルモンの影響を受けて膣内の糖分(グリコーゲン)が増えると菌の繁殖が活発になるため、妊娠中やピルを服用していると発症しやすくなります。カンジダは女性特有の病気ではなく男性でも発症します。
男性は男性器が外部に露出しているため菌が繁殖しにい環境で発症しにくいと言われていますが、性行為による接触で夫に感染する可能性があります。妻がカンジダを発症している場合ピンポン状態で感染する恐れがあるため、夫にかゆみや腫れなどの症状が出た場合は泌尿器科や皮膚科を受診し、妻と夫両方の治療が必要です。
女性がカンジダの検査を受けるタイミングは、かゆみやカッテージチーズ状のおりものが認められてからです。最近では、自宅でできる検査キットも販売されていますが、慢性化しやすい病気であることや他の病気の可能性も考え検査を受けることをおすすめします。